新天地での活躍が期待される西銘駿

6月いっぱいでオスカープロモーションを退社した俳優の西銘駿が8月1日付で、男性歌謡コーラスグループ「純烈」らと同じジースター・プロに所属することになった。

先月30日、自身のツイッターで発表したが、《2021年8月1日よりG-STAR.PROに所属致します。自分の可能性を信じてこれからも沢山(たくさん)の事に挑戦していきたいと思っています》と報告した。

西銘は、2015年テレビ朝日系「仮面ライダーゴースト」の主役・天空寺タケル/仮面ライダーゴーストで俳優デビューを果たしていた。新事務所は、純烈の小田井涼平が「仮面ライダー龍騎」の北岡秀一/仮面ライダーゾルダ役、俳優の中村優一が「仮面ライダー響鬼」で桐矢京介役、「仮面ライダー電王」では桜井侑斗/仮面ライダーゼロノス役、俳優の渡部秀は「仮面ライダーオーズ/OOO」の主役・火野映司/仮面ライダーオーズ役と、仮面ライダー出身の所属タレントが多いことで知られている。

「純烈といえば、スーパー銭湯などでの営業で地道にファンを増やして来た。元ライダー俳優たちがこれだけいるということは、その俳優たちが集まってトークイベントをやるだけでライダーファンの集客が期待できる。今までなかなかそういう企画はないので実現させてほしいもの。西銘といえば、ライダーを演じていた時、《難病と闘う病床の息子にゴーストが力を与えてくれた》という母親のツイートを見てたまらず自分のTwitterで発信したうえ、そのやりとりを知ったテレビ朝日のスタッフが西銘のビデオメッセージを手に子供の病室を訪れることとなったという温かいエピソードが知られている」(芸能記者)

もともと、YouTube好きでHIKAKIN、はじめしゃちょーファンであるだけに、今後、YouTuberデビューする可能性も。

映像作品のみならず、舞台経験も多いだけに、今後、さまざまなジャンルでの活躍をみせてくれそうだ。