いつの日か復活なるか? 草なぎ、香取、稲垣の地上波ドラマ

地上波ドラマの復活はあるのか? 元SMAPの草なぎ剛、香取慎吾、稲垣吾郎の3人がジャニーズ事務所を辞めてから、1年以上がたったが、いまだ地上波での新しいドラマの話はない。ただ、事あるごとにキャスティングをしたいと名前を挙げて、新作ドラマを熱望している局もないわけではないという。

インターネットをはじめ、映画、舞台と活躍の場を広げている3人。「大型のクライアントを確保しているのもあって、出演CMもバンバン流れている。そのため、あまり消えた感はないです。それでも、地上波のドラマを何とかしたいという思いは3人の事務所スタッフらの中にあるようです」とはある芸能プロ関係者。

今のテレビ局の状況はというと、ある制作会社関係者は「3人を起用した番組を作ろうものなら、帝国ジャニーズに何と言われるか分からない。タレントを引き上げるなんて言われた日には、それこそテレビマンとして生きていけませんからね。そういう忖度は当然で、なかなか起用しようというテレビマンはいない」。

そんな中でも、キャスティングは無理と分かっていても、毎度のように草なぎの名前を主演ドラマの候補にあげる局もあるという。「カンテレですよ。もともと『SMAP×SMAP』を制作していたこともあって、3人とは近いですが、そのカンテレが草なぎ主演で制作していた『復讐シリーズ』の第3弾を作りたくてしょうがないんです」とは前出の制作会社関係者。復讐シリーズとは草なぎが主演し、2015年に「銭の戦争」、続く、2017年には「嘘の戦争」というタイトルで作られたもの。いずれも高視聴率を記録したのだ。「ただ、話が上がるたびに、当然ですが、フジテレビのほうから待ったがかかる。実現はすることはないそうですが、カンテレにとってはこの3部作を作ることは悲願でもあるそうです」と同関係者。

いつの日かそのドラマが制作される時が来るか。(二浦誠)

*画像参照 Blu-ray&DVD 発売中!ツイッターから

関連記事

ページ上部へ戻る