山里亮太、手のひらを返し東京五輪を盛り上げるメディアに「どうかしてんなって思う」

28日深夜放送の『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、新型コロナウイルスの感染拡大などで、東京五輪開催に否定的立場だった報道が手のひらを返していることに関して疑問を語った。

番組では、相方のしずちゃんこと山崎静代が新型コロナウイルスに2度目の感染をしたことや、レイザーラモンRGや椿鬼奴などの芸人が、驚異的な早さで、東京五輪に関係したモノマネネタを開発することなどについて話していた。

芸人の五輪モノマネネタを話している最中に山里は「だから、体中に粉振って、バタバタ暴れて森山(未來)さんみたいな感じに?」と自分がやれそうな五輪ネタに関して話し、「ちょっと、これはネガティブな情報を届けた感じになってない? 違うのよ、俺は。今、もうあれでしょ。ネガティブな情報を言ったりするのなんかね、やめた方がいいもんね」と直後に言った話に補足を入れたのだった。

さらに山里は「純粋に楽しいからさ、今、オリンピック見てて。俺、こんなに楽しいの初めてかもしれないもん。だから、手のひら返しとかではないしね。俺、別に手のひらひっくり返したこともないから」と自身は元々五輪に否定的ではなかったとし、「ひっくり返そうとしてる人たち…、大変だよね。こんなに楽しいのに、楽しいって言えない状態の人ねぇ。大変だよね」と語ったのだった。

山里は「俺、思うもん『不思議だなぁ~』って。始まる前とかにさ、飲食店さんのとこへ行ってさ、『うわ、 この時間でもまだ開けてますよ』なんて言ってた人がさ、『行け~!日本!!』なんて言ってる姿を見ると、どうかしてんなって思うよね(笑)」と五輪が始まるとすぐに盛り上げる方向に向かったワイドショーやニュースについて疑問を投げかけ、「その直前まで、お店にモザイクかけて『やってますねぇ…』なんて言ってたのに、よくそんなのできんなって思う」と報道姿勢に批判的な様子を見せたのだった。