後輩とのタッグでコメディアンとしての才能を開花させそうなKAT-TUN・上田竜也

人気グループ「KAT-TUN」の上田竜也(35)が、来年1月21日スタートの日本テレビ系ドラマ「節約ロック」で主演をつとめる。

上田の連ドラ主演は、昨年10月期のテレビ東京系「新宿セブン」以来、2度目となる。

一部スポーツ紙によると、「節約ロック」は、漫画家・大久保ヒロミさんによる同名漫画が原作の型破りなコメディーで上田にとってコメディー初挑戦。

上田が演じるのは、ロックを愛する30歳の独身サラリーマン。貯金ゼロにもかかわらず、高価なギターを買うなどの浪費癖が。

そのため、3年間付き合っていた恋人に愛想を尽かされて捨てられるが、恋人を取り戻すため、「節約…始めました!」という役。

恋敵の25歳の爽やか系イケメン約役を「ジャニーズWEST」の重岡大毅(26)が演じるという。

「普段はボクシングジムに通い、硬派なイメージの上田だが、その演技力は故蜷川幸雄さんが目をかけたほどで注目されていた。普段のイメージがあるだけに、コメディーではじけた時の“破壊力”は抜群なのでは」(テレビ局関係者)

関西出身の重岡はもともと身をもって笑いの要素を体得しているはず。後輩とはいえ、そんな重岡とのタッグは上田にとって頼もしいはずだ。

「あまり先輩を慕ったり、後輩をかわいがったりしないという上田ですが、嵐・櫻井翔のことを『兄貴!』と慕っていることは有名な話。上田を慕っている後輩はまだいないようなので、ドラマを機に重岡がいつの間にか上田の舎弟のような存在になっているかもしれません」(芸能記者)

上田と重岡のプライベートでの親交ぶりも注目されそうだ。(山田一郎)

*【公式】節約ロッ@setsuyaku_ntvツイッター