新たな栄冠を手にした草彅剛に期待される今後

イメージ

俳優・草彅剛が6月30日、都内で開催された、優れたテレビ番組やラジオ番組、個人、グループに贈られる「第47回放送文化基金賞」贈呈式に出席したことを、各メディアが報じた。

記事によると、草彅は主演したNHK宮城発地の今年3月に放送された地域ドラマ「ペペロンチーノ」で演技賞を受賞。同ドラマは番組部門のテレビドラマ番組で最優秀賞も受賞したという。

草彅はトロフィーを手に、「ありがとうございます。素晴らしい賞を頂きました」とあいさつ。ドラマについて、「僕は何もしていない」と謙遜し、「(スタッフが)厳しい目で現場にいたので、早くホテルに帰りたいなと思ってやっただけ」と笑顔。

昨年の暮れに東日本大震災の被災地で撮影。その際、地元の住民たちが炊き出しを行ってくれたことにもと感謝。「今も心の傷が癒えてない方もたくさんいらっしゃると思うんですが、少しでも寄り添えるドラマにしたいと思い力を注ぎました」とドラマに込めた思いを明かし、被災地の人々に向け「これからも一緒に、一歩一歩と前に進めて行きましょう」と呼びかけたという。

「年間で数多くのドラマが放送される中、単発のドラマで受賞するのはなかなか難しいこと。それだけ、草彅の演技力が光っていた証し」(芸能記者)

昨年公開された主演映画「ミッドナイトスワン」では、難役のトランスジェンダーの主人公を熱演し、「日本アカデミー賞」の最優秀主演男優賞など複数の映画賞を獲得。

そして、今度はテレビ界の伝統のある賞を獲得。放送中のNHKの大河ドラマ「青天を衝け」での好演も評価されている。「なかなか難しい“大人の事情”はあるものの、民放キー局の連ドラもそのうち草彅の起用に踏み切るのでは。そのぐらい、無視できない存在になった」(テレビ局関係者)

17年1月期のフジテレビ系「嘘の戦争」以来となる民放キー局の連ドラ主演に期待が高まるばかりだ。