オードリー・若林正恭、SixTONES・田中樹と髙地優吾の対照的な格好に爆笑

19日放送の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)でお笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、SixTONES・田中樹と髙地優吾の対照的な服装についいて語った。

番組では、前回の600回記念放送後のエピソードを話していたが、その後、田中、髙地の服装の話となった。

SixTONESのメンバーは以前に同番組に乱入したこともあり、同日、同番組の前に放送された『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(同局)では、エンディングに若林と春日俊彰が登場していた。

若林はそのとき見た田中の恰好について「樹ちゃん、もうバッチリ正装じゃん(笑)。ジャケット写真撮る時の格好じゃん」とツッコミ。春日も「それか、悪いことした人よ。なんか謝罪しなきゃいけないことでもあんのそれ?」と話し笑いを誘った。

一方高地について若林は「髙地君はラフだね~(笑)」と感想を語り。「髙地君は、生活感ジャニーズって言われてるけど、俺の家の近くの深夜のコンビニにいるぞ、これ(笑)。ゼリーだけ買って帰る奴(笑)」とあまりに生活の匂いがする服装に爆笑した。

話は再び田中のことに戻り、若林は「バッチリ決まってるね、さすがスターで。黒シャツに黒ネクタイでね(笑)。カッコイイなぁ、おい」と話し、春日は「よくあれでラジオできるよなぁ。あんな格好で喋れないよね(笑)」と素直な感想を明かしたのだった。