狩野英孝が3度の“やらかし”から立ち直ってゴールインできた理由

お笑い芸人の狩野英孝が4日、ツイッターを更新し、再婚することを報告した。

狩野は《結婚します!籍入れたら、ファンの皆様に改めてご報告します》と発表。結婚を伝えた4日付の一部スポーツ紙の記事をアップした。

3日のデート中、直撃取材を受け結婚を認めたことが報じられているが、《家の前で雨の中濡れながら待たれた記者さんの必死感に、取材に答えられずにはいられませんでした(原文ママ)》と結婚を認めた経緯を説明した。

記事によると、お相手は交際中の30代の女性。狩野は2012年2月に結婚し、14年9月に離婚しているため今回が再婚。近々、婚姻届を提出するものとみられるている。狩野はピン芸人としてさまざまな職業の人物になりきり、それぞれを自称イケメンのナルシストキャラで人気に。「ラーメン・つけ麺・僕イケメン」などのフレーズが知られているが、すでに人気を確立していた12年、一部で不倫を報じられ、それが原因で前妻と離婚してしまった。

「それだけにとどまらず、16年に“六股疑惑”が浮上。17年には、当時17歳のアイドルの女性との交際疑惑が掲載され活動を自粛した時期があった」(芸能記者)

しかし、いずれもそこから見事に立ち上がり、準レギュラーをつとめていた地上波のテレビ番組に復帰を果たしている。

「もともと、憎めない性格で、めったに人に嫌われることはない。高校時代は弓道部だったこともあって、上下関係もしっかりして礼儀正しい。そのため、番組の関係者や先輩タレントたちは狩野が“やらかし”をする度に、『悪い奴じゃないから、なんとか助けてやろう』ということになる」(テレビ局関係者)

タレントのみならず、YouTuberとしても活動し、登録者数は105万人に達している。

YouTubeでの結婚報告もありそうだ。