パワーアップして帰って来た奇想天外作品の新作 映画「ニワトリ☆フェニックス」

俳優の井浦新と成田凌がW主演する映画「ニワトリ☆フェニックス」(かなた狼監督、2022年公開予定)が、製作されることが31日、同映画のツイッターやインスタグラムなど公式SNSで発表された。

同作は2018年公開の「ニワトリ★スター」の新作で、雨屋草太(井浦)と星野楽人(成田)が都市伝説の“火の鳥”を探す旅に出るロードムービー。旅の最中で出会うさまざまな人間たちを通し、次第に草太と楽人の隠しごとが明らかになっていくが、公開当時、かなり奇想天外なストーリーが話題になっていた。

なお、SNSでは「6月11日(金)より、クラウドファンディングサイト『うぶごえ』にて、共に『ニワトリ☆フェニックス』の制作を進めていただける仲間を募るプロジェクトを開始します!」とクラウドファンディングへの参加を呼びかけている。

「前作も明らかなインディーズ映画だったが、井浦と成田の入れ込み役作りはかなり本気。撮影前の10日間共同生活をしたそうで、前作の舞台あいさつで『キスとかしたのかな?』と、かなた狼監督が聞くと、成田は『墓場まで持っていくようなことは、この場では言いません。いろいろなことはあります』と含み笑いを浮かべていた。また、成田はクランクイン後の初撮影が、タレントのLiLiCoとの絡みだったことを明かしていた」(映画ライター)

前作は井浦と成田のほか、津田寛治、奥田瑛二らの演技派も登場。今作のほかのキャスト陣も気になるところ。

井浦は現在、テレビ朝日系のドラマ「あのときキスしておけば」で松坂桃李との、成田も昨年公開の映画「窮鼠はチーズの夢を見る」で関ジャニ∞の大倉忠義との、それぞれ“ラブシーン”が話題に。前作の「ニワトリ★スター」よりも演技補幅が広がっているだけに、さらにぶっ飛んだ演技が期待できそうだ。