伊集院光、野球の「リクエスト制度」で監督が正しくなかった場合「失敗マークをつけるべき」

24日深夜放送の『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、タレントの伊集院光が、日本プロ野球の「リクエスト制度」で誤審が発覚した審判や、審判が正かったのに抗議した監督に黒星をつけてはどうかと語った。

番組の企画である「令和プロ野球アップデートカルタ」のコーナーでは、リスナーから「チームからのビデオ判定リクエストで判定が覆るたびに、誤審をしてしまった審判の服に星の形のワッペンが増えていき、審判を引退する日まで消えない」というネタが投稿された。

その意見を受け伊集院は「俺は、これはあっていいような気がしてて。その逆もね、逆も……」と話し、「(誤審した回数は)ホームラン王みたいに出すべきだし。『お前、またイチャモンつけてきたな』というやつも、出すべき」と逆に抗議にきた相手にも、その行動が正しくなかった場合はマークをつけるべきと提案した。

さらに伊集院は「抗議する監督の方で、その、失敗マークみたいな? 黒星がいっぱいあるヤツがリクエストのポーズしながら出てきたときに『またお前か』感出るじゃんか?」と失敗マークを採用した際の状況を予想し、「見てる人も、またお前かみたいなのはあった方がいいと思いますよ」と持論を語ったのだった。