光浦靖子、“ブス”とイジることが批判されることに「流れに任せるのがお笑いかなって思って」

23日放送の『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・オアシズの光浦靖子が、女性芸人として「ブス」とイジられることに関してどう思うか持論を語った。

番組では、「ここは赤坂応接間」のゲストとして光浦が登場し、太田光、田中裕二と特技の手芸や近況などを話していた。

その際、太田から最近、女性芸人の容姿に関してイジるのは良くないのでは? という意見が出ていることについて、光浦は「あらがうこともなく、流れに任せるのがお笑いかなって思って。お笑いってすごい面白いことをやっても、共感と理解がなきゃ笑われないっていう、なんかおかしな文化じゃないですか?」と答えた。

多数派が面白いと思えるお笑いをやっていくことは、太田も正しいと思っているようで「常に大衆を意識していかないとダメだもんね」と話した。ただ光浦は自身が10代で上京した直後に見た、お笑いライブでのエピソードを出し、「その…、ブサイクだとか、バカ、頭悪いとか、あと実家が貧乏だというフリートークをしてる人たちが、中央でスポットライト浴びて、輝いてて、そのステージで一番カッコイイ人になってたのを見て、目からウロコで」と自身のマイナス要素をネタにしていた人々への驚きを説明した。

光浦は「田舎にいるときはやっぱり自分がブスです!なんて口にも出せないし、言ってはいけないことだと思って、隠さないとって思ってたけど」と当時の状況を話した後、「家が貧乏だとか、頭が悪いとかを武器にしている。大貧民のあれ(革命)みたいに、ボロッと変えるのがお笑いだと思ったときに、実はユートピアだと思って、『こんな素晴らしい手法があるんだ!』って思って憧れて、最初のやりはじめた理由はそれでしたね」と芸人を目指したきっかけを明かした。

ちなみに太田は、ブスイジりなどに関して最近、深く考えることが多いらしく「例えば光浦なんかに、大久保(佳代子)なんかもそうだよね。『お前、カバみたいな顔しやがって!』って(言って)いまだにさぁ、喜んでくれて答えたりしてくれんだけど、『実は私、イヤイヤやってましたって』言われるとさ、それはショックなんだよ!」と不安を明かすと、光浦は「私はそれはないな」と答えたのだった。