すっかり文化人になったキングコング・西野亮廣の転機

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が原作、脚本、製作総指揮を務めたアニメ映画「映画 えんとつ町のプペル」(廣田裕介監督)が、世界最大規模のアニメーション映画祭「アヌシー国際アニメーション映画祭 2021」の長編映画コンペティション部門「L’officielle」に選出されたことを、各メディアが報じた。

同映画祭は、1960年にカンヌ国際映画祭からアニメーション部門が独立し設立されたもので、今年は6月14日~19日に開催予定。

世界95カ国から2892作品の応募があり、その中から219作品がオフィシャルセレクションとして選出。映画祭の花形部門である長編映画コンペティション部門「L’officielle」は、わずか11本のみが選ばれ、世界的には無名といえる同作が選出されたのは快挙だという。

西野は21日、自身のSNSなどを更新。製作段階から同映画祭を意識していたそうで、「お恥ずかしい話、若干、欲が出ちゃってるんですよね」と本音を告白。「こうなったら、あとは神頼みです。毎日、神社に通って、神様に課金して『グランプリが欲しいです』とお願いしてきます」とした。

もともと、1999年、梶原雄太とキングコング結成。2001年、当時人気だったバラエティー番組「はねるのトびら」のレギュラーに選ばれ、その後、俳優デビューも果たすなど、順調に芸能活動を続けていたのだが……。

「芸能界の大御所・タモリさんからのアドバイスをきっかけに絵本作家を志し09年に絵本作家デビュー。12年にはタモリさんが原案の絵本を発売し、その後、作家デビュー。16年に肩書としてのお笑い芸人引退を宣言し、21年1月末で吉本興業との契約を終了したが、オンラインサロンでの年収は7億円とも言われているので、芸能活動以外で“勝ち組”になってしまった」(芸能記者)

「プペル」の公開後、劇場を訪れ観客と交流するなどしていた西野だが、作品にかけた情熱が大きな賞へのノミネートにつながったようだ。