〝キンプリ効果〟ジャニーズショップ原宿店は大混雑

最近のジャニーズショップ原宿店の混雑ぶりは異常だ。

土、日、祝日、夏休みなどの長期休みは、入店するのに2~3時間の待ち時間は当たり前。ただし、以前は平日は整理券なしで、サクッと入って購入できた。ところが、〝キンプリ効果〟なのか、最近は平日でも激混みなのだ。

10月上旬の平日午前9時半に原宿到着。ジャニショ近くの公園周辺にはすでに待機列ができている。最後尾に並ぶ。警備員が列を作り始め、整理券なしではいる一陣がジャニショに誘導される。それ以降は整理券が配られる。午前11時にはこの日の整理券は配布終了となっていた。

午前10時の整理券だが、ちょっと遅れて午前10時過ぎに入店。写真を展示しているのは地下、会計は1階という構造。まず外階段を降りて、地下からスタート。

店内地下から1階への内階段には、すでに1階の会計につらなる待機列ができていた。見たい写真があるが、会計の待機列があるため、ゆっくり写真を見ることもできず。どうせ、担当の○○くんの写真を全買いするだけなのだからと、全体をサラッと見て会計の待機列に並ぶ。

まったく1階へ行けそうにもなく、待機列がどんどんと増えていく。2時間後、ようやく1階の会計場所へ。しかし、ここでも長蛇の列。レジは8台あるにもかかわらず、4台しか稼働していない。

写真を購入するには、A4サイズの所定の用紙に、ほしい写真と枚数を記入し、レジ係に渡す。1グループ1枚なので、複数の掛け持ちファンは複数枚紙が必要となる。紙を受け取ったレジ係がレジに手打ちで番号と枚数を入力し、会計する。

1人が写真を購入する平均金額はおおよそ7000円ぐらいだろうか。枚数にすると50、60枚ぐらい。レジ係の後ろの棚に写真が仕分けしてあり、それをレジ係が1枚1枚、確認しながら取り出すので、時間を要する。レジ係から写真を渡されて終了となる。

この日は1階の会計で1時間の待機だった。店内には3時間の滞在だったが、整理券の配布待機を入れると、計4時間も待機していたことになる。

なぜ、写真を買うだけで、これほどの時間が掛かるのか。

ジャニショ関係者は「久しぶりにメンバー全員がイケメンで、顔面偏差値の高いKing&Princeがデビューしたことで、生写真の売れ行きが急上昇なんです。また、混雑ぶりがSNSで拡散されたことで、ファンの間で話題を呼んで、『ジャニショに行ってみよう』となって、混み具合が加熱しているのかもしれません」と語る。

一方、原宿の竹下通りには公式写真ではない、当然違法の〝闇写真屋〟が数店舗存在する。

同関係者は「ジャニーズ事務所としては、闇写で購入しないようにファンに呼びかけているが、ジャニショが激混みなため、闇写へ行くファンもいるんです。この闇写、コンサートや舞台の写真が主で、どこかの媒体の取材としてコンサートや舞台撮影に入ったフリーカメラマンが横流ししたものでしょう。コンサートではオフィシャルDVD用の収録日があり、それが映像化され販売される。収録日以外、地方公演の写真、舞台などは映像化されていないことが多く、貴重なので闇写ででも手に入れたいファンはいるでしょうね」と指摘する。

ちなみに〝プロ〟が撮影しているものなので、写真のクオリティは公式と変わらない。1枚150~200円程度。

購入システムとしては、店内にタブレットが設置されている、その中から欲しいグループ、欲しい写真を選び送信する。受付番号が表示、用意ができるとカウンターから呼ばれ、お会計をする。

ジャニショのように何時間も待たずに購入できてしまうが、同関係者によると「ジャニショで正規で買うと、写真1枚で30円ほどがタレントに入るけど、闇写じゃタレントに1円も入らない。だから、並んででも正規で買うのが本当のファンということです」と語る。(ジェイタメ特捜班)

関連記事

ページ上部へ戻る