元SMAP・中居正広の全面サポートで奮闘する舞祭組

ジャニーズ事務所の人気グループ「Kis-My-Ft2(以下キスマイ)」の派生ユニット「舞祭組(ぶさいく)」のメンバー4人が、4月23日スタートの日本テレビの連続ドラマ「○○な人の末路」に主演することが、一部スポーツ紙などで報じられた。

4人が主演するのは、鈴木信行氏の著書「宝くじで1億円当たった人の末路」を原案に、収録23編の“末路”から厳選4編をドラマ化したもの。

横尾渉(31)演じる「仮想通貨で思わず大金を手に入れちゃった人の末路」など、4人それぞれの末路を一つのドラマの中で交錯させ、最終的にある一つの末路へとつながる物語として描かれるという。

4人でのドラマ主演は14年の同局系「平成舞祭組男(サラリーマン)」以来4年ぶりとなる。

「キスマイでは前列の玉森裕太、藤ヶ谷太輔らの“後列”に位置するメンバー4人だが、元SMAPの中居正広が4人の“潜在能力”に目を付け13年に舞祭組を結成。それができたのも、キスマイを統括していたのが元SMAPのチーフマネジャーで、現在は稲垣吾郎ら元SMAPの3人のマネジメント会社社長の飯島三智氏だったから。飯島氏がジャニーズを退社したことで、一度は活動が停滞していたが、再び動きだし昨年12月には初アルバムを発売し、現在は初ツアー中と活躍の幅を広げている」(芸能記者)

ツアー中のひと幕として、一部報道によると、中居が関係者席でマメにメモをとり、それをもとに4人にアドバイスしていたという。

プロデューサーとしての中居に支えられ奮闘中だが、関係者のウケも抜群なのだとか。

「超体育会系の中居さんにしっかり仕込まれているので、礼儀作法にはまったくスキがない。今後、芸能界で生き残るにはそれが大きな武器になるでしょう」(テレビ局関係者)

今後の成長が期待される。

(c)NTV.JS

関連記事

ページ上部へ戻る