第1子誕生でますます仕事に力が入りそうな元超特急・吉野晃一

ダンス&ボーカルグループ・超特急の元メンバー・コーイチこと、シンガー・ソングライターの吉野晃一が2日、自身のツイッターを更新。昨年に一般女性と結婚し、今年2月に第1子が誕生していたことを公表した。

吉野は「皆様にご報告したことがございます」と切り出し、「以前よりお付き合いさせていただいていた一般女性の方と昨年10月に結婚し、2021年2月に第一子の男の子が誕生致しました」と報告。

「まだまだ未熟ながらも父親という責任ある立場に立ち、戸惑いを隠せない中ではありますが、より一層仕事への責任感や思いは強くなりました」と決意を新たにした。

時間が経ってからの報告は公表に悩んだためというが、「父親であるという事実を隠しながらステージに立つこと、それは僕にはできませんでした」と公表に至った心境を明かした。

奈良生まれの吉野は6歳から大阪のアクターズスクール「キャレスボーカル&ダンススクール」にてボーカル・ダンスレッスンを受け、ダンスユニットのメンバーとして活動していた。

2008年頃に「スターダストプロモーション」に入所。NAKED BOYZ、EBiDANなどでの活動を経て、2011年から超特急のメンバー・コーイチとしてボーカルを担当。しかし、18年に「方向性の違い」を理由にグループを脱退していた。

「グループの中では主要なポジションを任せられていただけに、脱退に至るまでにはかなり悩んだようだ。しかし、グループにいては、自分が本当にやりたかったシンガーとしての道を突き詰めることができないので、苦渋の決断で脱退を申し出て、ほかのメンバーもそれを受け入れてくれた」(音楽業界関係者)

脱退後、全国各地のライブハウス規模の会場で精力的にライブ活動を行っていたが、コロナ禍で自粛せざるを得ず。おそらく、現在は創作活動のに力を入れているはずで、名作を世に送り出してほしいものだ。

*画像イメージ

参考