ナイナイ・岡村隆史、国分太一や中居正広から独立する大変さを聞く

1日深夜放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が「株式会社TOKIO」としての活動を開始するTOKIO・国分太一に聞いた苦労話を語った。

番組では、冒頭のトークで岡村が「我らがTOKIOがね、新しく会社も作って」と1日から城島茂、国分、松岡昌宏の3人体制で活動を開始した株式会社TOKIOについて触れた。

岡村は「国分にもねぇ~、この間TBSで会ったんですけどね」と話し、「『どう?』って言ったら、『大変です…』って言うてた」と国分の様子について説明した。

さらに岡村が「やっぱり、全部自分らでやっていかなアカンから、『会社作るっていうのは、思ってる以上に大変です』って言うてた」と国分に聞いた事を話すと、矢部浩之も「いやぁ、そうやろうな」と答えた。

なお岡村は、独立することの大変さを中居正広からも言われたとのことで、「『絶対に会社辞めない方がいいよ』って言われた、俺」「『岡村君と喋ってる場合でもないの、(番組の)改編期だから』って」とコメント。岡村は、中居の口から思いもよらない言葉が出たことが印象的だったようで「『改編期』って言うてたからな、アイツ」と矢部に伝えていた。