浅草キッド・玉袋筋太郎 聖火ランナー辞退者が相次ぐ中「どんなことがあっても走る」

19日の『金曜たまむすび』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・浅草キッドの玉袋筋太郎が、東京オリンピック聖火ランナーについて、どんな日程でも必ずやると語った。

番組では、玉袋もランナーに選ばれている東京オリンピック聖火リレーの話題となった。

実は聖火リレーに関して、まだこの日という告知はないらしく玉袋は「まだ日程こないんだよね~、あれ」とコメント。その話を聞いた外山惠理アナウンサーは「ちゃんとお知らせして欲しいですね」と感想を語った。

これまで、聖火リレーをめぐっては、芸能界、スポーツ界から主にスケジュールの都合で辞退者が相次いでいるが、玉袋は「とにかく聖火ランナーに関しては、私ごときを選んでもらったんだから、スケジュールは全て空けてますよ」と明かし、「なにが入ったって、スケジュールの都合で走らないって言わないですよ」と意気込んだのだった。

外山アナは「金曜日の1時からだけはやめて下さいね(笑)。お願いしますよ」と同番組に被るのだけは避けて欲しいと話したが、玉袋はそれでもやり方はあると「マイク持って走りますよ。トーチとマイクとヘッドホン付けて」と豪語。外山アナは「それは歴史的瞬間かもしれませんね」と話したのだった。