演技力とルックスで注目を集めるSixTONES 松村北斗

SixTONESの松村北斗が主演している映画「ライアー×ライアー」に注目が集まっている。松村をドラマに起用したいと考えている次世代スターの1人とみているテレビマンが多く、「数字を持っているか」と見守っているという。

KAT-TUNの亀梨和也が主演をしている日本テレビ系ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」に出演し、公開中の映画「ライアー×ライアー」では森七菜とW主演している。あるテレビ局関係者は「デビュー前のジュニア時代から、国宝級のイケメンといわれていたし、注目度は高かった。いまやっている『レッドアイズ』でもそうですが、演技力もかなり高いレベル。微妙な心の動きなどもうまく表現してますよ。グループも含めて人気も高いですし、ドラマで起用してみたいと思うテレビマンは少なくないはずです」。

あとは数字をどれだけ持っているかということだという。「テレビ局はどうしても視聴率というのがモノ言う世界ですから。ドラマで主演を張ったときに数字を持ってこれるかどうか。そういう意味では映画の興行収入がどれだけ行くかはちょっと気にしちゃいますよね」と同関係者は言う。

「ライアー×ライアー」の公開初週の公収は約2億円。ある映画関係者は「映画の内容が、多くの世代の人に響くようなものでもないので、それを考えれば、大ヒットとまではいいませんが、ヒットと呼べるくらいの数字でしょう」。合格点のラインだというのだ。

今年の秋にはNHK朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」での出演が決まっているが、今後、主演ドラマというものも増えてくるのかもしれない。

【ライアー×ライアー】累計発行部数170万部を突破し、2012年には“このマンガがすごい!オンナ編”にもランクインした、金田一蓮十郎の同名コミックを実写映画化。地味な女子大生がギャルメイクをしたことで巻き起こる、義弟や幼なじみとの恋愛騒動を描いている。

*画像イメージ