早くもリピーター続出で続編の可能性が浮上した話題のドラマシリーズの映画版

公開中の映画「劇場版ポルノグラファー~プレイバック~」(三木康一郎監督)の上映記念舞台あいさつが27日、都内で行われ、W主演をつとめた竹財輝之助と猪塚健太、吉田宗洋らが出席したことを、各スポーツ紙などが報じた。

丸木戸マキさんのBLコミックを実写化して反響を呼んだ連続ドラマ「ポルノグラファー」の劇場版。原作コミックのシリーズ3作目「續・ポルノグラファー プレイバック」を基に、官能小説家・木島理生(竹財)と大学生・久住春彦(猪塚)が互いを思いながらもすれ違い、2人の未来について葛藤する姿を描いたという同作だが、かなりの熱狂的なファンを抱えることで知られているという。

「2018年からフジテレビの動画配信サービス・FODでスタート。配信・放送されるたびにSNSのトピックス上位にランクインし、19年2月からは2作目の『インディゴの気分』も実写ドラマ化。今作は完結編とあって、まだ公開2日なのに各劇場ではリピーターが続出。映画がヒットした場合、続編が製作される可能性もあるようだ」(映画業界関係者)

各紙などによると、竹財は「長く関わって完結するのは経験したことがないので幸せ。この役は誰にもやらせたくない」と役への思い入れの深さを語ったのだとか。

猪塚はサプライズで竹財への手紙を読み、「身を任せて楽しもうと思えました。尊敬する先輩であり、戦友で特別な存在です」と感謝。それを受けた竹財は「ありがとう。いやぁ…こういうサプライズ苦手」と思わず目を潤ませていたという。

竹財は04年に俳優デビュー。すでに結婚して1児の父親だが難役を見事に演じきった。

一方、猪塚は06年にデビューし、「ミュージカル・テニスの王子様」などに出演していた。

どこまで数字を伸ばすかが注目だが、竹財と猪塚にとっての代表作となったようだ。

*画像イメージ