おぎやはぎ・矢作兼 何をやっても叩かれる渡部建の現状に「がんじがらめだよ」

25日深夜放送の『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、アンジャッシュ・渡部建をフォローしづらい現状を嘆いた。

番組では、渡部が豊洲市場の仲卸店で働いているという報道があった話となった。

矢作はその記事を読んだそうで「豊洲でね働いてる社長、渡部さんを使ってる人のコメントが載ってるわけよ。凄い真面目に働いていて、見直したみたいな」とコメント。「ちょっとこう『渡部さんは本当に反省して、真面目にやってる』ってことを言いたい、その社長は渡部さんに対して、いい意味でね、本当に思ったから。いいフォローになればいいと思って言ったんだろうけど」と続けた。

この渡部の豊洲バイトに関しては、みそぎのような扱いをしていて不快だという意見もネットではあり、矢作は「やっぱり不思議なもんで、本当にフォローするとダメなんだなぁ…」と落胆し、「『彼は真面目にやってますよ』みたいに言うと、今は何でも叩く時代だからさ、ちょっとでもフォローしようもんなら、だから、言われちゃうわけよ」と、どんな事でもバッシングや炎上の方向に行ってしまうと話した。

なお、渡部が現在豊洲で働いている理由は、お世話になった仲卸店へのお礼であり、給料はもらっておらず、勤務日も週1という情報が出ているが、その、週1でしか働かないことに関しても、叩かれているということで矢作は「何もできないな…」とコメント。小木博明も「ねぇ…そっとしてあげてよ、本当に」と返した。

さらに矢作は「『引退しました』って事になったら、今度は引退したら引退したで、『辞めることはなかったよ』とか言うくせに。辞めなきゃ辞めないで、『別に普通の仕事すりゃ~いいじゃん』とかってさ」と世間の勝手さに言及し、「なんか…、何もないな。がんじがらめだよ」と吐露。小木も「世知辛いねぇ~」と語ったのだった。