事務所退社決断した塩野瑛久の気になる胸のうち

俳優の塩野瑛久が、2月いっぱいで所属事務所「オスカープロモーション」を退社することを22日、同社が公式サイトで発表した。それに伴い、副リーダーを務めるユニット「男劇団 青山表参道X」も退団する。

退社を報告した塩野だが、芸能界を引退するわけではなく今後も俳優を続けることを表明。「背中を押してもらったそのお心に恥じぬよう、今よりもさらに成長し飛躍した姿をお見せするため、おごらず慢心せず努力していきます」と決意を新たにした。

東京生まれの塩野は、中学卒業後、高校には通わず実家の飲食業の手伝いをしていた。

店の客と母親の勧めで、2011年に開催された「第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募し、審査員特別賞およびAOKI賞を受賞し芸能界入り。

テレビ朝日系「獣電戦隊キョウリュウジャー」(13年~14年)、映画「HiGH&LOW THE WORST」などに出演した他、舞台やCMでも活躍していた。

その傍ら、17年11月に「男劇団 青山表参道X」のメンバーとなり、副リーダーに就任。

昨年からはコロナ禍ということもあって、ユニットでの活動は休止状態となっていた。

来年でデビュー10周年を迎えるが、存分に経験を積んだ塩野がどこの事務所で再スタートを切るのかが注目される。