ゆる~い感じでゲストの本音も引き出しそうな藤原竜也

俳優の藤原竜也の冠番組「藤原竜也の番組 フジタツ猪突猛進撃!!」が、WOWOWで15日からスタートした。毎週月曜午後9時半から放送され、全6回。

同番組は、藤原の世間には知られていない素の部分を「惜しげもなく無駄にさらけ出す」リアルドキュメンタリー感満載の番組。

番組では、藤原がゲストを迎え、そのゲストが得意とするスポーツやこだわりの趣味などさまざまな勝負に挑戦する。

藤原は番組のスタート前には、「とにかくこのコロナ禍で日本はもちろん世界中が暗くなっているので、一人でも多くの方に元気になってほしい、という気持ちでいます」とコメント。

15日と22日の放送は、元ヴェルディユースで事務所の後輩の竹内涼真とサッカーのPKでガチンコ対決を繰り広げる。

そして、3月1日、15日放送のゲストは、市原隼人と佐藤浩市。市原がプロ顔負けの豪華料理で2人をおもてなしするという。

「14年にテレビ東京系で放送されたバラエティー番組『藤原竜也の一回道』は素の藤原に迫った作品で、一流俳優とは思えないゆる~い番組になった。今回の番組は毎回豪華ゲストを迎えているので、藤原のゆるさでペースを狂わされ、ゲストもついつい本音を漏らしてしまうのでは」(芸能記者)

同番組のゲストとして発表されている竹内、佐藤、市原は藤原が主演し、昨年公開予定だったが新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月5日に公開延期になった「太陽は動かない」(羽住英一郎監督)に出演。

藤原は現在、フジテレビ系で主演ドラマ「青のSP―学校内警察・嶋田隆平―」が放送中。

そして、5月に上演される舞台「彩の国シェークスピア・シリーズ」全37作の最後となる作品「終わりよければすべてよし」(彩の国さいたま芸術劇場大ホール)に出演。

世界的な芸術監督・故蜷川幸雄さんが演出を務めてきた同シリーズの“完結作”で、5月12日が蜷川さんの命日であることから5月に上演。藤原にとっての恩師ともいえる蜷川さんへの“恩返し”的な作品になりそうだ。