爆笑問題・太田光、山里亮太にプペルを布教「観てごらん、感動するから」

16日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、南海キャンディーズの山里亮太に映画『えんとつ町のプペル』を勧めた。

番組では、病気療養中の田中裕二の代打として山里と、おぎやはぎの小木博明、矢作兼が出演していた。

その際、おぎやはぎと山里が共演した際に恒例となっている、山里が今嫌いな芸人の話をして欲しいリスナーからメールがあった。

小木は「山ちゃんが嫌いだって言う人、本当にどんどんいなくなっていくんだよなぁ」とコメントし笑いを誘う。すると太田が「西野とか?」とキングコング・西野亮廣の名前をあげ、山里は「西野はずっと嫌いって言い続けてましたけど、だいぶ粘りましたね、アイツも」と返した。

その後、話題は西野原作の映画『えんとつ町のプペル』の話となり、太田は「プペル観た?」と山里に聞き、観ていないと答えると「素晴らしいよ、プペル」と推した。しかし、山里は「あ、観られました? 素晴らしいって人の感想は僕、止めるって決めてるんです」と一蹴したのだっだ。

なおも太田は「観てごらん、感動するから」と布教したが、山里は「みんなが絶賛するから嫉妬しちゃうんですよ、観に行こうと思っても」と拒否の姿勢を見せ、「だからもっと、西野の状況が悪くなってから行こうと思います」と宣言し笑いを誘ったのだった。