伊集院光 『24 JAPAN』でシートベルトをするテロリストに違和感「テロを起こしてんだよ!」

15日深夜放送の『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、タレントの伊集院光がドラマのアクションシーンでの違和感について語った。

番組では伊集院が少し面白かったことをリスナーからメールで募集した。その際、ドラマ『24 JAPAN』(テレビ朝日系)での違和感について明かしたリスナーのメールを紹介する場面があった。

同作はアメリカの『24 -TWENTY FOUR-』のリメイク作品だが、そのリスナーはカーチェイスにおいて「追われ、命の危険のある母・娘側がシートベルトをきっちりしていただけでも笑ったのに、追いかけるテロリストもきっちりシートベルトをしていた」と説明。伊集院は「ありがちなことなんだけどね(笑)。それがその、『24』ってなってくると、ちょっと面白いよね」と話した。

伊集院はテロリスト側にシートベルトをさせる意味がわからないという立場で「逃げてる方はまだしもだけどさ、テロを起こしてんだよ! ねえ、テロ起こしてる人が、道交法違反を(気にして)、テレビ見てる人は、『何だアイツは?』ってことになんの」と違和感を抱く人は多いと説明した。

さらに、シートベルトの話題は続き「その前のシーンで、もう大爆発を起こしてたりするんだよ! なんでそっちを怒んないの(笑)、『街を燃やすなよ!』とか。すごい勢いで人を殺したりとかしてるのに、そこはスルーなんだ、みたいなの。相変わらずだねぇ…」と妙なコンプライアンス配慮をするドラマに苦言を呈したのだった。