メンバーが一丸となって「世界的ヒット」を狙うジャニーズJr.内ユニットSixTONES

現在、日生劇場(東京都千代田区)では「少年たち そして これから…」が公演中(28日まで)。

「少年たち」シリーズは1969年が初演で、現在も受け継がれている。少年院に入った少年たちの友情、平和、夢をテーマにした、エンターテイナーショーだ。主演は4年連続で「SixTONES」(ストーンズ)と「Snow Man」が務める。

SixTONESは6人組のジャニーズJr.内ユニット。2015年に結成された。平均身長176.6センチと、ジャニーズには珍しくメンバー全員が高身長のグループだ。KAT-TUNを彷彿させる〝ワイルド〟なパフォーマンスが人気となっている。

結成は2015年だが、そもそもは2012年に日テレ系の深夜番組「私立バカレア高校」に出演するために集められた6人だ。

ジャニーズ事情通は「このドラマは深夜帯としては異例の高視聴率を記録し、映画化もされました。この6人は『バカレア組』と呼ばれ、当時のJr.では一番人気で、すぐにデビューするだろうと思われていました。しかし、その後、個々での活動が多くなり、6人で活動する機会は減りました。メンバーの森本慎太郎や京本大我は事務所を退所することを考え、田中樹は高校卒業後の進路に悩み、グループとして停滞する期間が続きました。そんな時、メンバーのジェシーが『また6人でなにかやろう!』と声をかけたのがきっかけで、6人で活動する機会も増え、2015年にSixTONESとユニット名が決定したんです」と語る。

結成後はさらに絆も強くなり、メンバーの髙地優吾は「SixTONESのために」とボイスパーカッション、田中樹はラップの磨きをかけた。

その後の活躍は目覚ましく、今度こそCDデビューでは?と言われていたが、2018年、ジャニーズで4年ぶりにCDデビューをした「King & Prince」が話題をかっさらった。そのため、ファンの間でも、「しばらくはCDデビューはなさそうだな」とささやかれた。

しかし、そこで折れないのがSixTONESだ。3月には単独公演を成功。現在配信されている、ユーチューブのコンテンツ「ジャニーズJr.チャンネル」では最も再生回数が多い。

ジャニーズJr.チャンネルで、「SixTONESは本当に仲がよいのか?」の回で以心伝心ゲームを行ったときのことだ。6人はまったく回答が揃わなかったが、「SixTONES最大の目標は?」との問いには、「世界的ヒット」「社会現象」「国民的アイドル」「誰もが分かる大大スター」とメンバー全員が大きな夢を掲げていた。

前出事情通は「基本、それぞれが好き勝手やってるバラバラなグループな感じだけど、仲が良い。しかも、ファン受けを狙った〝ビジネス仲良し〟っぽく感じない。その場その場で臨機応変に楽しんでいるグループだと思いますよ」と指摘する。(二浦誠)

*松竹 少年たち そして これから… https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/2018_09_shonentachi/

関連記事

ページ上部へ戻る