伊集院光 わざわざClubhouseに招待できないと伝えたディレクターに怒り「言わなくていいよねぇ」

8日深夜放送の『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、タレントの伊集院光が、音声チャットソーシャルネットワークアプリケーション「Clubhouse(クラブハウス)」に登録する際に腹が立ったことについて語った。

番組では、最近メディアなどに取り上げられるようになったClubhouseの話題を話していた。

伊集院は既にユーザー登録しているようだが、「もうこの手のものの、一番イヤな感じは、あの招待制なんですよ。とにかく今やってる奴が二人ぐらい招待できるみたいな話でさ」と同SNSが招待制であることの不満を語った。

どうしてもClubhouseをやってみたい伊集院は、アプリをダウンロードして、自身の番号を知っている人の反応を待っていたそうだ。しかし「ビックリするほど、俺のプライベートで一番使っているiPhoneの電話番号って、誰も知らないの。誰ひとり知らないから、俺、電話連絡をつけることができないから」と、誰も電話番号を知らなかったため、待てど暮らせど招待がなかったと明かした。

結局、直接頼むことにした伊集院だが「何が屈辱って、まずディレクターの金子が『招待してあげたいのは山々ですけど、もう早くも枠の方がありません』みたいな?」と番組ディレクターに断られたと暴露「じゃあ、言わなくていいよねぇ、まずそれに関しては!『お前は大事な順の2位なんか、全然入っていないから』っていう宣言は。『哀れだねぇ』って宣言はまず要らないです」と不満を爆発させていた。

結局、Clubhouseへの招待は伊集院のマネージャーがしてくれたらしく「『頼むから、お願いします』だと。土下座しますと。『今までのことはごめんしてけろ』と。これ、(ドラマの)『おしん』で俺の中ですげぇ流行ってるから(笑)」と話したのだった。