大河での“出世役”で初心を思い出すことになりそうなディーン・フジオカ

俳優のディーン・フジオカが、2月14日スタートのNHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演することが9日、同局から発表された。

各メディアによると、ディーンが演じるのは吉沢亮演じる主人公・渋沢栄一と同時代を駆け抜けた実業家、五代才助(友厚)役。

もともと、ディーンは2015年に放送されたNHKの連続テレビ小説「あさが来た」の五代友厚役を務めた。

実業家として奮闘する波瑠が演じたヒロイン・あさを支えたキーパーソンで、出演当時は視聴者に“五代様”と親しまれ、人気が急上昇。

劇中で志半ばに早逝すると“五代ロス”と呼ばれる社会現象まで巻き起こすことになったのだ。

「朝ドラと大河で同じ人物を演じることは珍しく、またも話題を集めることになりそうだが、視聴率アップのためのキーパーソンとなるのがディーン演じる五代だったようだ。同じ役を演じるがシュチュエーションが違うだけに、ディーンがどう演じ分けるのかが注目される」(芸能記者)

もともと、アジア圏で活動していたディーンだが、15年から日本での活動をスタートさせたが、いきなり当たり役となったのが「あさが来た」の五代役。

その後、俳優業と並行して音楽活動もこなすことになった。

「ドラマでファンになった年配の女性たちがディーンのライブに大挙して押しかけ、まったくイメージが違うディーンにメロメロになっていた。今回、大河を通してさらにファン層を広げることになりそうだが、自身の“出世役”だけに初心を思い出すことになるのでは」(同)

どの段階から大河にディーンが投入されるか、そして投入後の視聴率の推移が注目される。