角野卓造 ハリセンボン・近藤春菜に感謝する理由「ちゃんと“かどの”と呼ばれるようになった」

6日放送の『サワコの朝』(TBS系)で、俳優の角野卓造が、 お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜に感謝していることについて語った。

番組では、角野と近藤がゲストとして登場し、阿川佐和子の質問に答えていた。

近藤といえば、角野に容姿が似ていることをネタに「角野卓造じゃねぇよ!」と言うのが定番となっているが、近藤は初共演した『オールスター感謝祭』(同局)で、そのことを謝罪したことがあるだ。

ただ角野は「とんでもない、こちらからお礼言わなきゃいけないのにって思ってた」とのこと。理由について阿川から質問されると「だって僕の名前をハッキリ連呼、連呼じゃないけどあ~やっておっしゃってくださる方なんかそんなにいない訳だから」とコメント。「実は角野(かどの)って読んでくださる方、なかなかいらっしゃらなくて大体角野(かくの)さんって方が多い。春菜さんのおかげで、どこ行ってもちゃんと“かどの”さんって。もうしっかり名前を(憶えてもらえた)。それまでは、『あ! ラーメン屋のおじさん』とかよく言われたんだけど(笑)」と呼び方を間違えられるどころかドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(同局)での職業で呼ばれていたと明かし笑いを誘った。

近藤は「普通なら怒っていいじゃないですか。こんな小娘によく知らない……呼び捨てにされて」と角野の心の広さに感謝する様子を見せていた。なお、怒られた場合はどうしたのか? と阿川が言うと、近藤は「怒られたら即やめようと思ってました」と回答。「角野さんの方から握手してくださったので。これはもうしめしめと」と当時の心境を語ったのだった。