ジャニーズ事務所が公認した中居正広と舞祭組の良い関係

Kis-My-Ft2の派生ユニット「舞祭組」が初のライブDVD「舞祭組村のわっと! 驚く! 第1笑」をリリース。その中にはプロデュースを務める中居正広がサプライズ出演したステージの模様も収録されているが、このDVDで舞祭組のグループ継続が確立されたとも言われている。

2013年に中居の発案の元で結成された横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永の4人組ユニット。シングルも不定期にリリースしているが、ある音楽関係者は「もとはSMAPのマネージャーであった飯島氏の担当案件。飯島氏がジャニーズからいなくなったいま、キスマイの活動に集中させるという視点からも、舞祭組をどうするかというのは、内部でも問題になっていた」という。

そんな状況下でも、今年は1月からライブツアーを実施。さらに、中野サンプラザでの公演では中居がステージに登場し、キレキレなダンスを見せたのだ。

前出の関係者は「今回のDVDではその模様が収録されていた。SMAPがなくなったため、中居にとっては、ステージでパフォーマンスを見せることが出来る唯一のところと言ってもいいでしょう。だからこそ、ジャニーズも舞祭組には手を出せないといっても良いんです」という。

いまをもって中居は数多くのレギュラー番組の司会を務める重要な存在だ。「SMAPが解散してからは毎年のように、契約問題が取り沙汰されてますが、ジャニーズにとっても、慎重になっている案件には変わりはない。その中居がプロデュースする舞祭組がなくなるようなことがあれば、それこそファンを含めてハレーションがおきかねません。そうなってしまえばジャニーズにとっていろいろな意味で大きなマイナスですからね。そういう点でも今回、DVDに中居の映像が入ったというのは、今の体制でも舞祭組は“公認”されたと見ていいのではないでしょうか」と同関係者。

中居にとっても舞祭組が、舞祭組にとっても中居が、とよい関係が保たれていることは間違いない。(二浦誠)

*画像 Blu-ray Disc「舞祭組村のわっと! 驚く! 第1笑」

関連記事

ページ上部へ戻る