2021年デビューが期待されるジャニーズJr.グループ

2020年のジャニーズはSixTONESとSnow Manの2組がCDデビューし、大ブレークした。ジャニーズの力を見せつけたが、2021年もデビューするグループが2,3組出るのではといわれている。

1月にジャニーズ初の同時デビューをした2組。楽曲も「Imitation Rain/D.D.」と両Aシングルをお互いが歌うという形をとり、発売初週にミリオンを突破した。Snow Manは、このデビューシングルも、セカンドシングル「KISSIN’MY LIPS」ともに単独でミリオンを売り上げるという快進撃も見せた。「滝沢秀明副社長のお気に入りでデビューできたと揶揄された時期もありましたが、ここまで売れれば、やはり実力は確かなものと言わざるを得ないでしょう」とはある音楽関係者。

このジャニーズの勢いは2021年も止まることはないという。前出の関係者は「今年もジャニーズからデビューするグループの準備は水面下で着々と進められているそうです。少なくとも2つはデビューするのではという話です」という。

大本命はデビュー前からCMに出演し、冠コーナーを抱える関西ジュニアの「なにわ男子」だ。前出の関係者は「ジャニーズの力の入れようや、テレビ局との関係強化ぶりを見れば『なにわ男子』のデビューは秒読みでしょう。そこに加えて『美 少年』と『HiHi Jets』の2組です。『美 少年』は活動休止となった嵐の松本潤が目をかけているグループです。『HiHi Jets』は亡くなったジャニー喜多川さんがかわいがっていたグループの一つともいわれています。先日は『美 少年』のメンバー佐藤龍我が女優の鶴嶋乃愛との交際を報じられ、一定期間活動自粛処分となり、どう影響するかともいわれていますが、デビューには影響ないのではといわれています」。

2021年も大きく動きそうだ。(二浦誠)

*画像イメージ