その場にいるだけで強烈な存在感を放つ青木崇高

新型コロナウイルスの影響で公開が延期になっていた、俳優の佐藤健が主演する「るろうに剣心 最終章」2作の新たな公開日が先ごろ決定。「るろうに剣心 最終章 The Final」は来年年4月23日、「るろうに剣心 最終章 The Beginning」は同6月4日に公開される。

同作のみどころといえば、なんといっても佐藤が演じる主人公・緋村剣心の超絶アクションと死闘だが、脇を固めるのは武井咲、新田真剣佑、土屋太鳳、青木崇高、蒼井優、北村一輝、有村架純、江口洋介ら豪華キャスト陣。

その中でもひときわその存在が目をひくのが、青木演じる相楽左之助だ。怪力と打たれ強さを併せ持つ強靱な肉体が自慢で、徒手空拳や巨大な刀剣・斬馬刀で戦う東京一の喧嘩屋で一人称は「俺」。剣心に挑むも敗れ、その人柄にほれ込み、頼れる仲間として物語に深くかかわっていく。

「185センチで体格良く顔が濃い青木にピッタリの役柄。アクション監督から香港のアクションスター、ドニー・イェンのDVDを渡され特訓を重ね役作り。おまけに、戌亥番神役を演じた元格闘家で参院議員の須藤元気氏とのバトルシーンの撮影は一昼夜に及んだが、須藤氏もそのタフさに驚いたほどだったとか」(映画業界関係者)

グラフィックデザインの専門学校を卒業後、アルバイト生活中に、モデルをしていた友人の勧めで事務所の面接を受け当初はモデル枠での応募だったが、他の志望者の顔を見てその場で俳優志望に変更。

02年に映画「マッスル・ヒート」でデビューを果たした。2010年の「龍馬伝」でNHK大河ドラマに初出演し土佐藩士・後藤象二郎を演じ貫禄を出すために15キロ増量。その後、約1カ月で急激な減量をして11年公開の映画「一命」の撮影に臨んだことも知られている。数々の映像作品に出演しているが、年々、その強烈な存在感で目を引く俳優に。先日最終回を迎えたテレビ東京系のドラマ「共演NG」では鈴木京香演じる女優の元彼役を演じ話題になった。

プライベートでは女優の優香と半年の交際期間を経て16年6月に結婚。今年4月に待望の第1子が誕生した。