Sexy ZoneがFNS歌謡祭で見せたグループ愛とは?

Sexy Zoneのマリウス葉が活動休止を発表した後に、4人が「2020 FNS歌謡祭」(フジテレビ系)で見せたパフォーマンスに、ファンが感激している。

マリウスは上智大学に通い、芸能活動と学業に意欲的に励んでいたが、ジャニーズ事務所は公式ホームページで「この姿勢が自身に対する過度のプレッシャーとなり、心身のバランスを崩してしまう結果に繋がった面は否定できない」とし、体調不良のため活動休止を2日に発表した。松島聡が8月に突発性パニック障害の休養から復帰し、5人でシングル「NOT FOUND」をリリースしたばかりだっただけに、再び4人になってしまったことで悲しむファンも少なくなかった。

4人のままSexy Zoneは9日放送の「FNS歌謡祭」に出演。菊池風磨は「今回マリウスがお休みさせていただいている状況ですので、4人でお送りさせていただく形となりました。僕たちも精いっぱいやらせていただきますので、ぜひ応援のほどよろしくお願いします」とコメントし、「NOT FOUND」を歌唱した。ファンが感激したのは、その時のメンバーの髪型だという。

ある芸能関係者は「風磨は髪をオールバックにして登場して、松島は金髪にして歌唱したんです。オールバックに金髪というのはマリウスが休業する直前までしていたヘアスタイル。その髪型にファンは『マリウスがいるようにしか見えない』『風磨がマリウスに見えた』と感激しきりでした。この場にいないマリウスのためを思ってだろうと思われるメンバーの行動には、ほかのグループのファンも『メンバーのグループ愛が素敵』と絶賛されてます」。

それでもファンにとっては5人そろうことが希望のはず。早い復帰が待たれる。

*画像イメージ