将来が有望な池田エライザの初監督作品で主演に抜てきされた倉悠貴

女優、モデルのみならず、歌手、文筆などマルチに活躍する池田エライザの初監督映画「夏、至るころ」が4日から公開される。

同作で主演に抜てきされたのが、昨年俳優デビューした倉悠貴。大阪府出身で昨年、地元でスカウトされ、いきなりフジテレビ系のドラマ「トレース~科捜研の男~」で俳優デビュー。その後も、メ~テレ「his~恋するつもりなんてなかった~」、Netflixオリジナルドラマシリーズ「FOLLOWERS」などに出演した。

「倉は池田と『FOLLOWERS』の現場で初対面。そのときは特に会話することもなかったが、その後、突然オファーがあって驚いたのだとか。撮影当時は10代だったというが、池田は周囲に『思い描く主人公は彼しかいなかった』とうれしそうに話していたという。スカウトされ、演技経験もないのにいきなり二階堂ふみ、土屋太鳳らが所属するソニー・ミュージックアーティスツに入れるのだからかなりの逸材」(映画業界関係者)

倉は一部媒体のインタビューで池田の監督ぶりについて、「厳しく怒るときもあれば、優しく指導されるときもあったし、かと思うと何もせずにただ見守ってくださるときもあったりと、もう全てがありました」、「この監督さんがOKと言ってくれるのなら、本当にOKなんだと素直に思えましたし、完全に信頼することができました。すごく愛情を注いで育てていただいた感があります」などと撮影時を振り返っている。

来年は主演作「衝動」、さらに、海外でもすでに認められているJホラーのけん引する清水崇監督の「樹海村」も公開予定。

今後、ブレイクしそうな俳優候補の1人であることは間違いないようだ。