爆笑問題・田中裕二 巨人が惨敗したショックで味覚が消える「またコロナかと思った」

29日放送の『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、プロ野球日本シリーズでの巨人軍惨敗のショックで新型コロナ再発を疑ったと語った。

番組の「ラジオサンデージャポン」のコーナーの冒頭で田中は「日本シリーズ、なんてのが、あったらしいんですけど…」と25日まで行われていた、日本シリーズの話題を振った。

するとニュース解説員として出演していた中村尚登氏も「去年に続いてどっかのチームが4タコくらったっていう、だから8試合連続で勝ってないということですよ」と、巨人が2年連続ソフトバンクホークスに4連敗したことに触れた。

太田光は「これはセリーグ全体の問題でもありますよね」とコメント。すると田中は「そうなんですよ。その弱い巨人に負けた阪神とかなるわけです」と解説し、笑いを誘った。

田中は「セリーグ全体がちょっと落ち込みがすごい。ガッカリという感じ」と、ここ数年のセリーグの不調に言及。中村氏もDH(指名打者)の有無が関係あるのではと触れた。

日本シリーズにおいて、セリーグの球団は2012年以降優勝から遠ざかっており、田中は「年々差が開いてる、交流戦とかあるでしょ? ああいうのとかも毎年パリーグの方が強いし」と指摘。元々「人気のセ、実力のパ」という言葉は存在したが、それでも巨人のV9時代などもあったということで「ちょっとねえ…」と歯がゆそうに話した

さらに、外山惠理アナウンサーに「落ち込みましたか?」と聞かれた田中は「本当に…。去年のことあるから、最初の試合で菅野(智之)が負けた時点で…。(食べ物の)味がしなくなったからね、またコロナかなって?」と味覚がとんで、新型コロナ再発を疑うほど悔しかったと明かしたのだった。