絶好のタイミングで海外進出した山下智久

ジャニーズ事務所を退所し、海外に拠点を移した山下智久。さっそく、早くも大型海外映画「The Man From Toronto(原題)」に出演することが明かされたが、いまのハリウッドをはじめとする海外映画事情から、このタイミングでの渡米は山下にとっていいタイミングだという。

山下が出演する映画は大ヒット映画「ジュマンジ」などに出演する人気俳優ケヴィン・ハートと、オスカーノミネート経験のある演技派ウディ・ハレルソンが共演するアクションコメディー。そのケヴィンは山下と、ウディのスリーショットをインスタに公開し、「ようこそトロントへ。何て素晴らしい追加キャストだ。君を迎えられてラッキーだよ」と歓迎した。

いきなり有名俳優と共演できる山下。ある映画関係者は「いまのハリウッドなど海外の映画やドラマ界はアジア系の役者を起用するのが一つのトレンドとなっているんです。ここには配信ビジネスというのが背景にあって、世界的な視野に立って映画やドラマを制作するようになり始めている。日本人役なのに、実際に起用しているのは中国人だったりするくらい人が不足しているし、アジア人はかなり重宝されている。山下にとってはいいタイミングでしょうね」という。

さらに、配信の世界では日本もビジネス的に大事な国といわれている。「山下が出演したHuluの『THE HEAD』もそうですが、そういう海外ドラマでは、日本で人気のある山下は起用されやすいでしょうね」と同関係者は言う。

トレンドとしてもビジネス的にも山下にとって海外挑戦は絶好のタイミングのよう。懸念材料があるとすれば、英語力だという。前出の関係者は「『THE HEAD』ではお世辞にもうまい英語を話しているという評価ではなかった。映画やドラマに出続けるためには、やはりネイティブに近い発音でないと厳しいといわれています」。現地に居続ければ発音は上手くなる可能性があるとは言われているだけに、山下の活躍に期待したいところだ。(二浦誠) *画像イメージ

参考
https://www.instagram.com/p/CH6W-WGrxCz/