ダチョウ倶楽部・寺門ジモン 渡部建の活動自粛で仕事激減?「すごいって説明してくれる人がいなくなった」

22日放送の『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFNC)で、お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の寺門ジモンが、アンジャシュ・渡部建が活動を自粛したせいで、自身の理解者がいなくなったと語った。

番組では、寺門がゲストとして登場し、有吉弘行に自身のYouTubeチャンネルである「寺門ジモンのウザちゃんねる」などのアピールしていた。

その際、有吉が「ジモンさんにとっては、追い風が吹いてるっていうか。ちょっと食の方で頑張ってた、渡部さんがいなくなって、失脚しちゃったから」と寺門が得意とするグルメでのライバル不在に触れたが、必ずしも追い風になっていないようで、寺門は「いやいや…。有吉…、聞いて(笑)」と返した。

寺門は「唯一、芸能人で僕の凄さを説明できる芸能人だったの、渡部君は『ジモンさんっていうのは凄いんだよ』って、唯一言える人」と渡部が自身を良く評価してくれていたと説明。他の人はその段階に行くことはないそうで「それ以外の人は、みんな『ウザい人』で終わっちゃうから」と自虐気味に話したのだった。

その話を聞いた有吉は「確かに渡部さんが『ジモンさんはああいう性格だからちょっと難しいけど。仕事増えないけど』って。『俺が行ってる店、あの人の方が先に行ってる』ってね、渡部さんがね(言ってた)」と回想。その寺門が渡部より先に店に来ているということが大きな影響力だったらしく「『あ、ジモンさんも来てくれるんだ』ってことを説明してくれたら、それイコール『ジモンさんって凄いんだな』って」と宣伝力を生んでいたと明かした。

渡部の宣伝力がなくなった現在の状況を寺門は「それ説明する人もいないから。で、有吉も呼んでくれないから、俺行くところないじゃないか!」と訴え、「有吉もぶらぶら散歩してるじゃないか!」と、『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)への出演を切望したが、有吉には「あれはゆったりした番組だから、ちょっと、うるさい人がきちゃ(笑)」と断られたのだった。

なお、寺門は自身の食の知識を活かして、11月20日より公開された映画『フード・ラック! 食運』で映画監督デビューを果たしている。