伊集院光 知らないマナーを押し付けてマナー講師に「イラつきがある」

26日深夜放送の『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、タレントの伊集院光が、マナー講師に関して不満を語った。

番組では「古市憲寿節かるた」のコーナーで伊集院が、リスナーのメールを紹介していた。

その際、「正しいマナーはどっち?」というクイズで知らない人が多数派なのに、AよりBのマナーの方が正しい」と半ば押し付けてくるマナー問題が納得行かないというリスナーの意見があり、伊集院は「だから、ちゃんとすんなって(笑)」と語った。

<関連記事 伊集院光 リモート会議でマナーが作られることに「そういうのねえから!って言っとかないと」>

続けて伊集院は「そうなんですよ、僕は本当にマナーが……、育ちが凄い悪いですから。あの……、便所コオロギに育てられましたから、僕はあんまりマナーの類を知らないので」とコメントし「マナー講師って人に対して、とってもイラつきがあるというか。僕が偏見を持ってるからだと思うんですけど」と明かしたのだった。

伊集院はマナー講師が知名度の低いマナーや、新しいマナーを作って押しつけてくることにかなり不満を持っているようで、8月4日に放送された同番組でも、リモート会議のマナーを決めようとする風潮に「早めに阻止しておかないと」と話していた。

今回も「みんなの知らないマナー? いいわ。だって別に」と答え、「『みんなの知らないマナーを私は知ってる』って言われても、それを受けた人が『正しいマナーで自分が接されてる』って思わねぇんだから」と切り捨てていた。