中居正広のメガネ姿に業界が注目!

タレントの中居正広が新型コロナウイルスの影響でメガネをかけ始めたのだが、このメガネにも業界が注目し始めている。

ジャニーズ在籍時代にはメガネをかけるというシーンはあまり見受けられなかったが、独立してからの中居はレギュラー番組でメガネをかけるケースが多くなってきている。あるテレビ局関係者は「中居さんがメガネをしてテレビに出るようになったのは、新型コロナウイルスの影響なんだそうです。ソーシャルディスタンスが叫ばれ、テレビ局のスタジオでは、出演者がそれこそ、2メートルくらいずつ離れてしまい、端と端の人の距離は10メートル近くになることもある。そうなると、トークの相手の表情が見えないということで、メガネをかけ始めたそうです」。

選ぶメガネにもこだわりがあるそうで、「フレームは海外のものを選ぶことが多いようで、レンズも色が薄く入ったりと、いろいろ試行錯誤しているそうです」と同関係者。それでも「中居正広のニュースな会」(テレビ朝日)など机の上にある台本をよく見るときはメガネを外しているという。

近眼だけでなく、年齢的なものも感じさせるのだが、この中居のメガネ姿には「年相応の落ち着きを感じさせる」とか「雰囲気がいいですよね」など、ファンからはなかなかウケがいい。だからこそ、「中居のメガネにはファッション業界も注目し始めているそうです。やっぱりオシャレにメガネをかけている姿はなかなか様になっているし、メガネのファッションリーダー的な存在になるんじゃないかともいわれています。いずれはメガネのCMなんかにも出演することもあるんじゃないんですか」。

コロナの影響で始めたことも注目されてしまうというのは中居のすごさかもしれない。

*画像イメージ