業界内では大注目の役者としてのHey!Say!JUMP・伊野尾慧

ジャニーズの「Hey!Say!JUMP」の伊野尾慧が高評価を得ている。A.B.C-Zの戸塚翔太とドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」でW主演している伊野尾が原作キャラとイメージがピッタリというのだ。

2015年に「月刊! スピリッツ」で連載された真造圭伍氏の原作マンガで、人間の姿に装い、地球移住計画を企てる地球外生命体の兄弟を描いた物語だ。伊野尾が演じる冬ノ助はリア充の大学生。「原作の冬ノ助の持っているチャラさが、伊野尾の演じている冬ノ助とイメージがピッタリ。得てしてマンガ原作はその持っているイメージを壊すと、原作ファンから袋叩きにあいかねない諸刃の剣ですが、伊野尾の冬ノ助の演技は原作ファンからも高い評価を得ています」と芸能関係者。

同じジャニーズタレントの中から「かわいい」と評判で一昨年には“伊野尾革命”といわれ、メディアでの露出を増やし、一気に大ブレイクした伊野尾。数々のレギュラー番組を持つようになったが、「伊野尾の持っている雰囲気が独特なものなので、役者という点では出来る役の幅が狭いので、まだまだかなと思われてましたが、今回の『トーキョーエイリアンブラザーズ』では良い味を出しているし、演技も上々。かなりテレビ業界からの見る目は変わったと思いますよ」と同関係者。

このドラマが深夜帯ということで、視聴率などの点では一般的な注目度こそ低いが、日テレの深夜帯ドラマは業界内での注目は高い。このドラマが伊野尾にとっても良い転機になるかもしれない。(二浦誠)

*画像参照 【公式】トーキョーエイリアンブラザーズツイッター

関連記事

ページ上部へ戻る