土田晃之 世間の皆さんは鬼滅の刃が『いつからフジテレビのものになったんだ?』と思っているのでは?

18日放送の『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送)で、お笑いタレントの土田晃之が『鬼滅の刃』をフジテレビが放送していることについて触れた。

番組では、冒頭の挨拶でいきなり土田が「さあ、といった訳でね、世間の皆さんはこう思ってるんじゃないでしょうか?『鬼滅の刃は、いつからフジテレビのものになったんだ?』と。あ、思ってないかな(笑)」と発言した。

フジテレビでは、映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開に合わせ、今月10日と17日の、昨年にテレビアニメとして放送された『鬼滅の刃』を再編集し、2部構成にしたものを放送した。その反響の大きさについて土田は「いや、凄いですよね。2週に分けて放送して。その間も、間の話を放送してたりとかしてて」とコメント。さらに「来週の土曜日もね、昼間やるのよ。まぁそれはね、全部録画してるんだけどね」と話した。

元々同作の地上波放送は、フジテレビ系などの全国に放送網を持つキー局ではなく、TOKYO MXなど、U局と呼ばれる独立放送局で放送されたもので、土田は「元々、だってMXテレビでやってたからね。MXテレビが制作してたわけじゃないけど…。MXテレビって色んなアニメーション流してて、そこからいいやつを大体よそに持ってかれるんだよね(笑)」と説明した。

土田は「フジテレビが『鬼滅の刃』、まだいい方ですよ。NHKはだって、『進撃の巨人』も知らない間にNHKのものみたいになってるし」と最近の例として『進撃の巨人』も途中から放送局がU局からNHKに変っているとコメント。しかし「いっちゃんヒドイのは、テレビ東京が作った『エヴァンゲリオン』もNHKに持ってかれてるからね」とキー局間でもそういった現象は起きるとし、「『(オープニングの)神話にな~れ』のとき、「(放送局)テレビ東京」って書いてあるのに、NHKで放送してるからね」と語ったのだった。