新たに続々と台頭するイケメン二世タレントたち

俳優の窪塚洋介の息子で、今年2月にモデル活動を開始した窪塚愛流が、紳士服「THE SUIT COMPANY(ザ・スーツカンパニー)」(青山商事)のアンバサダーに起用され、CM初出演を果たす。

一部ニュースサイトによると、新CMは、自由な服装で移動する男女6人の1日のスタートを描いており、窪塚はその中の1人として起用されたという。

初めてのCM出演となり、撮影開始時には緊張していたという窪塚。しかし、監督やスタッフの要望に合わせて動きや声のトーンを調整する姿は現役高校生には見えないプロの雰囲気が漂っていたというのだ。

「息子が生まれた際、父親は報道陣と大バトルを繰り広げた。おそらく、息子も父親譲りの強心臓を持っているはず。映画『泣き虫しょったんの奇跡』ですでに俳優デビューを果たしている」(ベテラン芸能記者)

4人組ロックバンド「THE YELLOW MONKEY」のボーカル・吉井和哉の長男で、モデルの吉井添は183センチの長身でイケメン。通販サイト「ZOZOTOWN」のファッションブランド「ADRER」でモデルをつとめている。

09年に離婚した俳優浅野忠信と歌手のCharaの長男で、モデルの佐藤緋美は18年に主演舞台で俳優デビュー。19年2月にTBS系ドラマ「グッドワイフ」でテレビドラマに初出演。

同年7月、池袋の映画館・グランドシネマサンシャインの開業記念ショートフィルム「TRANSPHERE」で映像作品初主演を果たした。

元「THE BOOM」でミュージシャンの宮沢和史の息子で俳優でモデルの宮沢氷魚は、今月23日まで都内で上演された舞台で「ボクの穴、彼の穴。The Enemy」に出演。

劇中には、雨をシャワー代わりにして上半身裸になる場面が。宮沢は過去にも「豊饒の海」と「ピサロ」の2作で裸になっており、集まった報道陣に対して、「上裸俳優です」と苦笑いを浮かべていたという。

「各芸能プロとも、イケメン芸能人を父親に持つ二世に注目し始めた。その狙い通りにビジュアルは申し分なく、デビュー後は当たる二世ばかり」(テレビ局関係者)

今度は誰の息子がデビューを果たすかが注目される。

*画像イメージ