ファンの声が届いた! 「KAT-TUNの世界一タメになる旅」が地上波で放送

現在、「KAT-TUNの世界一タメになる旅+」が、動画配信サービスのパラビで配信されている。

最新作「宝探し企画第2弾 宝石ガーネットを探す旅」では長野県の金採掘鉱山でKAT-TUNの3人が岩を削りガーネットを探した。

そもそも、2014年にTBS系の特番「KAT-TUNの世界一タメになる旅」(通称・タメ旅)から始まった番組だ。

そして、2015年からはレギュラー番組として放送。しかし、メンバーの脱退で、グループ自体が充電期間に入ったため、同番組は2016年3月に終了した。

この「タメ旅」はメンバーが世界各地へ行き、さまざまな企画に挑戦するという内容。番組ディレクターはお笑い芸人が出演する番組を多数作っている人物で、アイドルなのにガチの体当たり企画という点が特徴だ。

テレビ関係者は「KAT-TUNはデビュー時は、超絶イケメンのホスト系オラオラキャラでした。ところが、『タメ旅』で、KAT-TUNのかわいい素顔という意外な一面を見ることができたんで、ファンにとっては非常にうれしい番組でした」と指摘する。

しかし、充電期間にともない、同番組は惜しまれて終了。今年1月に充電期間が済んで再始動。その際、ファンは「タメ旅」の復活を強く待ち望んでいた。ところが、地上波ではなく、有料の動画配信での復活となった。

「さまざまな事情で有料動画を見られないファンは悲しんでます。それに無料で流れて不特定多数の目に触れる地上波じゃなく、有料動画というのは、自らが選んで見に行くという形なので、ファン以外が視聴することはないでしょうね。『こんな面白い番組なのにファンしか見ないのでは?』と地上波での放送を望む声が多かったんです」と同関係者。

そのファンの声に答え、7月19日にスペシャル番組として、「KAT-TUNの世界一タメになる旅SP」がTBS系で放送されることが決定した。内容は「日本全国投網の旅in多摩川」だ。

番組のスタッフもSNSに「多くの方々からテレビでもという声をいただき届きましたよ!」(原文ママ)と喜びを書き込んでいる。(二浦誠)

*画像参照


関連記事

ページ上部へ戻る