パパになってさらなる活躍が期待される横山だいすけ

歌手で俳優の横山だいすけが11日、自身のブログを更新し、第1子となる女児が誕生したことを報告した。

横山は、「みんなーーーーーーげんきーーーーーー!!!?やはり僕はこの挨拶からいかせていただきます♪」と切り出し第1子の誕生を報告。「父親としてしっかり自覚をもち、一つ一つの経験を元気パワーに変えて、いつも応援してくださるみなさんに歌や色々な活動を通して感謝の想いを届けられるよう精進してまいります」と、決意をつづった。

2002年、国立音楽大学音楽学部声楽学科に入学し卒業後、劇団四季に入団。

そして、08年3月31日から17年4月1日まで、NHK教育テレビの番組「おかあさんといっしょ」の第11代目「うたのおにいさん」を務めた。うたのおにいさんとしての在任期間は9年で、うたのおにいさんの中で歴代最長となって、一躍その名を世に知らしめた。

「高校生の頃から『うたのおにいさん』になることにあこがれ、大学卒業後、当時のうたのおにいさんだった今井ゆうぞうが、かつて劇団四季に所属していた事を聞いて、自身も同じ劇団四季に入団。オーディションを経て見事に夢をかなえた」(芸能記者)

「おかあさんといっしょ」卒業後は、ミュージカル『魔女の宅急便』に主人公キキの父親であるオキノ役で出演。劇団四季時代以来10年ぶりのミュージカル出演を果たしたのを皮切りに俳優としての活動をスタートさせ、17年7月期のフジテレビ系ドラマ「警視庁いきもの係」、19年1月期のテレビ朝日系ドラマ「刑事ゼロ」に出演を果たした。

「人気と知名度を見込まれ、『おかあさんといっしょ』から卒業後、いきなり大手芸能プロから誘いが来た。今後の活動は安泰だろう」(テレビ局関係者)

得意の歌でまな娘をたくさん楽しませてあげそうだ。

参考 横山だいすけオフィシャルブログ
https://ameblo.jp/daisuke-yokoyama/entry-12624131878.html