おぎやはぎ・矢作兼 伊勢谷逮捕に「プラスのプロモーションになってるんじゃないか?」

10日放送の『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、伊勢谷友介逮捕に関して、むしろプロモーションになったのではと持論を語った。

番組は、偏頭痛とその入院中に発覚した腎細胞がんの手術で休業していた小木博明と、新型コロナウイルス検査で陽性となって休業していた矢作。二人が久しぶりに揃った形となった。

小木が自身の近況などを話した後、話題は大麻取締法で逮捕された伊勢谷容疑者に移り小木は「好きな役者さんだったんだけどな」とコメントした。

矢作は「この人本当は、どういう人となりかっていうことを、いっぱいテレビでやってんだけどさ、スゴイいいことしてんだよ」と伊勢谷容疑者が取り組んでいた社会奉仕活動に触れ、「大麻で捕まったんだけど、本人としては『あ、この人ってこんないいことしてた人なんだ』ってことが知れ渡った、むしろこれ“プラス”のプロモーションになってるんじゃないかって思うんだけど?」と持論を語ったのだった。

すると小木は「知らなかったもんね、慈善事業とか教育やったりとかさ。あれって、知らないものが今回本当に『凄い色んなことやってたんだなぁ…』って」とある程度は認めつつも「“プラス”は流石にね(笑)。“プラス”は流石にないと思うよ」と返した。

なおも矢作は「やろうとしてたこと聞いて、ひとつも間違ってなくなかった?」と発言するも、小木は「そうよ~。大麻だけ。でも、大麻間違っちゃってるから」とツッコミ。矢作は「大麻間違ちゃったかー」と納得した様子だった。