伊集院光 総裁選での石破氏の戦略に「日本をどうしたいのかというのを聞かせて欲しい」

7日放送の『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)でタレントの伊集院光が、自民党総裁候補者のアピール戦略についての疑問を語った。

番組の「伊集院光とらじおとニュースと」のコーナーで伊集院は、龍崎孝氏と今月14日に迫っている自民党総裁選の話題について語った。

総裁選は、菅義偉官房長官、石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長の3氏が争うことになったが、既に菅氏の圧倒的優勢が伝えられており、伊集院は「テレビの取り上げられ方も、もう、石破さんあたりは、キャラクター戦略みたいなのに来ている気がして」と語った。

伊集院はこのキャラクター戦略に関して、若干疑問があるようで「僕は思うんですけど、僕らが(総裁選では)一票ない以上は、総理大臣になるかもしれない人が、どういうプランを具体的に持っているのかが聞けるのならば、それは聞きたい」とコメント。「でも、『この人(石破氏)は意外とオタク趣味もあったり、とりつきやすいんです』ということとか、あと菅さんでいうと、一気に苦労人でってところに関しては、そのキャンペーンは『僕は別にいいです』ってなっちゃうんですよね」と持論を語ったのだった。

龍崎氏は、劣勢が伝えられてる石破氏、岸田氏に関しては、来年に行われる可能性の高い総裁選に向けて「そのときのことも考えて、できるだけいいキャラをね、国民の間に伝えておきたいという戦略があり、それにメディアも応じてる」と指摘した。

さらに伊集院は石破氏に関して「石破さんが、現体制に対して、対立しているということはわかります。あとは鉄道オタクだったり、どうぶつの森だとか、そういう話はわかります」と、メディアでよく伝えられている情報を挙げ、「本当は石破さんがそもそもどういう政策を持っている人で、日本をどうしたいのかというのを聞かせて欲しいんですよね」と自身の思いを語ったのだった。