オードリー・若林正恭 ダウンタウン・松本人志との特番共演で「任せて下さい!」と宣言

29日深夜放送の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、ダウンタウン・松本人志と特番で共演した際、思わず楽屋で言ってしまった言葉について語った。

番組終盤、若林は9月5日放送の特番『審査員長・松本人志』(TBS系)で、松本と共演することとなった話題を語った。

<関連記事>松本人志と若林正恭が初タッグ 

若林は「やっぱりすごいなと思ったのが、同級生からのLINEがすごかったね。本当、M-1の時ぐらい。もうレジェンドなんだね、やっぱり『お前、マジか!?』みたいな感じで」と反響について話す。

本番前には楽屋で挨拶の後、松本と話したそうで、若林は「『いや、俺ホンマ何も知らんで』っておっしゃって。そのときに俺、やっぱさ『どうしようかなぁ…』と思ったんだけど、『昨日からずーっと台本読んでるんで、任せて下さい!』って言って(笑)」と宣言してしまったそう。

その言葉に、松本も「お、おうっ」と驚いたらしく、若林は「楽屋出てドア閉めた後『若ちゃん言ったなぁ…』って思って、もう一気に自分にプレッシャーかかって(笑)」と言った後に少し後悔したようだ。

なお、その話を聞いた春日俊彰は「すごいね」「ちょっと(松本も)驚いたんじゃない(笑)」と語った。