社会派ドラマで存在感をアピールしたい中山優馬

俳優の中山優馬が、来年初頭にWOWOWプライムにて放送がスタートする「連続ドラマW トッカイ~不良債権特別回収部~」(全12話)に出演する。

各メディアによると、同作は元読売巨人軍球団代表でノンフィクション作家・清武英利氏の著書の映像化第3弾。今年開局30周年となるWOWOWが挑む本格社会派大作。

中山が演じるのは、6兆7800億円もの不良債権を回収するために集められ、不動産王や闇金融、怪物商人らと長きにわたる熱き闘いを繰り広げる精鋭“トッカイ”チームで最も若手の葉山将人で、重要な役どころだという。

2006年に12歳でジャニーズ事務所に入所。関西ジャニーズJr.として活動し、08年8月からは「中山優馬 w/7 WEST」としても活動。

08年4月にNHKのテレビドラマ「バッテリー」でドラマ初出演にして初主演をつとめた。10年3月にはHey! Say! JUMPの山田涼介、知念侑李とともに「NYC」を結成。同ユニットでは09年から12年まで4年連続で紅白出場を果たした。

「亡くなったジャニー喜多川氏から将来のジャニーズ事務所を背負う存在にしようと大きな期待を寄せられていた。なので、中山が中心のグループが結成された。12年10月にはソロ歌手デビューも果たしている。しかし、本人は歌手よりも俳優志望だったようだ」(芸能記者)

15年8月に舞台「ドリアン・グレイの肖像」で初単独主演を務め、16年には映画「ホーンテッド・キャンパス」で初主演を務めた。

18年にはWOWOWの主演ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」が「バンフ・ワールド・メディア・フェスティバル ロッキー賞」の部門賞を受賞した。

「トッカイ」では天国のジャニーさんへ好演を捧げることになりそうだ。

*画像イメージ