ナイツ土屋伸之 祖先のコネで『ゴースト・オブ・ツシマ』CMオファー期待したら「ミルクボーイが漫才やってた」

22日放送の『ナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・ナイツの土屋伸之が、自身の先祖に関係のあるゲーム『ゴースト・オブ・ツシマ』のCM出演オファーが来ないかなと期待した話を語った。

番組では、17日に放送された『ファミリーヒストリー』(NHK総合)での話題を話していた。

この放送で土屋の母方の祖先が、対馬の武士で、元寇のときに戦った武将だったことが明らかになったが、放送直後からゲーム好きの人からの反響が大きく「めちゃくちゃタイムリーだよ」と連絡をもらったらしい。

実は先月17日にPlayStation 4用ゲームソフト『ゴースト・オブ・ツシマ』が発売されたためで、土屋は「PS4で、世界で結構売れてるゲームがあるんだよ。そのゲームが『ゴースト・オブ・ツシマ』って言って。米津玄師もやってるらしいんだ」と語った。

土屋は未プレイだそうで「蒙古がきて、全滅させられた後にひとりで戦うストーリーらしいんだよ。めちゃくちゃタイムリーで、すごくない?」と人に聞いた内容を話した。

なお、偶然にも元寇の時代の対馬を扱ったゲームということで土屋は「一瞬よぎっちゃったのが、『CMこねえかな?』って……祖先がだから。それで上手くいかねえかなって」と思ったそうだが、さすがに海外のクリエイターが作ったゲームなので無理だろうという考えになったそう。

しかし、もしかしたらということもあるので調べていたそうで、土屋は「さすがに漫才師がそういうところに入れないかなと色々調べたら。WEBCMがあって、思いっきりミルクボーイが漫才やってた(笑)」と明かすと、相方の塙宣之は「あのパッケージつえーな! いやー悔しいな!! 『ゴースト・オブ・ツナシマ』でネタ作れるけどな」とかなり悔しがっていた。