お笑い第7世代・ぼる塾を通してKAT‐TUNファンになった訳とは?

お笑い第7世代で人気急上昇の「ぼる塾」のユーチューブチェンネル「ぼる塾チャンネル」が登録者数10万人を記念して、メンバー4人でのライブ配信が行われた。

そこで先日、ぼる塾が出演した、KAT‐TUNの番組「KAT‐TUNの世界一タメになる旅!+」(TBS系)の話題になった。

ぼる塾のメンバー田辺智加は「20年間ずっと好き」と亀梨和也ファンであることをテレビなどで公言している。ぼる塾は「タメ旅」の7月2日と9日放送の回に出演。少しでも3密を避けるために今月は1人旅月間。その第1弾「カメスタグラムの旅」と題して、亀梨和也が都内のインスタ映えするスポットを巡り、インスタに投稿する内容だ。

しかし、これは表の企画。今回の本当の企画は「亀梨くんに会いたい」と熱望する田辺のための企画「亀梨君に会えるといいね カメスタグラムの旅」なのだ。

亀梨が巡るスポットの行き先をぼる塾の3人が当てれば、亀梨に会えるというわけだ。亀梨は8か所のインスタ映えスポットを廻り、1時間おきにインスタを更新。それで居場所が判明する。しかし、田辺は亀梨の居場所を当てることが出来ず、この企画では会えなかった。

ぼる塾のユーチューブチャンネルではこの時の話になった。

あんりは「『有田ジェネレーション』さんのロケだと思って行ったら、当日に『KAT‐TUNのタメ旅』だって言われて鳥肌が立ちましたよ。ずっと田辺さんが出たいといっていた番組で、田辺さんは夢を叶えてすごいと思いましたよ」と言う。

その田辺が「会えなかったけど、私たちが旅をしているところをKAT-TUNさんが見てると思うと幸せ」と話したところで、あんりはこう語った。

「テレビ収録で田辺さんにドッキリを仕掛ける企画あったじゃないですか。それで、私とはるかは早めに日テレさんに入ったんですよ。で、打ち合わせも早めに終わってお腹すいたねって、日テレの下のファミリーマートへ行こうと日テレ内を歩いてたら、後ろから『この間は、ありがとうございました』って声が聞こえて。振り返ったら亀梨さんだった。わざわざ、私たちを見かけたから追いかけてきて声をかけてくれたんですよ。『田辺さんにもよろしくね』って言ってましたよ。もう亀梨さんすごいなって思いましたよ」

亀梨ファンの田辺が「タメ旅」で会えなかったのに、ほかのメンバーは日テレ内で亀梨ばったり。しかし、田辺は「私も会いたいけど、会いたくない。いや会いたいんだけど」とファンらしい反応を示した。

亀梨の気遣いだけでなく、亀梨ファンの田辺の〝乙女〟な態度が共感を呼んでいる。テレビ関係者は「SNSでは『田辺さんを通して、亀梨ファンになりました』などの声も多数。亀梨さんの気遣いの良さは芸能界やファンの間でも有名ですが、田辺さんの一途な純情さもお茶の間に広がっています。お笑い第7世代は若者に人気で、KAT‐TUNがますますファン層を拡大していますよ」と指摘している。(二浦誠)