“数字を持っている”と証明した平野紫耀と中島健人

King&Princeの平野紫耀とSexy Zoneの中島健人がW主演のドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」(日本テレビ系)の視聴率が急降下しているが、局内では2人の株はむしろ上昇傾向。「平野でなかったら」と安堵する声すら聞かれる。

警察学校を舞台に“警察未満”の2人の成長を描く物語だ。先月27日に放送された初回の視聴率11.2%だったが、その後は9.0%、8.6%、7.2%と下降曲線を描いている。ある制作会社ディレクターは「平野と中島が頑張っているというのはよくわかりますが、警察学校の生徒が事件に巻き込まれるという設定からして、陳腐すぎるとか、内容そのものが突っ込みどころ満載、という声は多いですね。それが視聴率につながっているのでしょう」という。

それでも、同情の余地はあるという。ある日本テレビ関係者は「局内でもなんとかならないのかという焦りの声すらありますが、このドラマは韓国で大ヒットした映画を日本版にリメイクしているんです。そのため、韓国との契約問題もあるんです。だからドラマの設定とか、急に誰か俳優を投入したり内容を大きく逸脱することができないそうなんです。環境が厳しい中でやりくりしなければならない」。視聴率が下がったからといって大きなテコ入れはできないという。

局内でも厳しい声が聞かれる中、それでもこの数字でとどまっていられるのは、2人の功績が大きいだろうとみられている。「2人のアクションはそれこそ見どころですし、頑張っています。もし主役がこの2人でなければ、3%とか4%とか、打ち切りラインの数字が出ていたんじゃないかと言われていて、局内ではやっぱり平野は数字を持っている、2人でよかったなどと安堵する声すら出ています」と同関係者。

日テレは“ポスト嵐”をキンプリに託したいと考えている節が見られるが、その方針に狂いはなさそうだ。

*画像イメージ