おぎやはぎ矢作兼 ツーブロック禁止の校則に関して「半グレの人たちってみんなツーブロック」

16日深夜放送の『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、高校のツーブロック禁止校則についての感想を語った。

番組では生徒の髪型としてツーブロックを一部の都立高校が校則で禁止している話題について扱った。

この問題は、いわゆるブラック校則として話題となっているもので、共産党・池川友一都議会議員が7月13日にTwitterに投稿した動画には、池川議員の質問に、東京都教育委員会の藤田裕司教育長が「外見等が原因で、事件や事故に遭うケースがあるので、校則で禁止している」と答える様子が記録されており大きな波紋を呼んでいる。

矢作はこの話題について「この教育委員会の藤田教育長って人が、ツーブロックっていう髪型を、物凄い悪い、昔で言うリーゼントとか…。確かに、半グレの人たちってみんなツーブロックだもんな」と答え、笑いを誘った。

相方の小木博明も「(半グレはツーブロック)だった(笑)」と強く同意すると、矢作は「半グレと関西の漫才師、大体ツーブロックだもんな」と続け、小木は「関西は凄かったねー。(笑い飯の)哲夫さんとか」と具体例をあげた。

さらに矢作は「あの髪型多いイメージあるね。関西で言うと漫才師だけど、こっちだと悪い人たち。だから、この人が言ってることもあながち間違ってないよね」と藤田教育長の話も納得できる部分はあるとした。